スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋焼酎の”うんちく”あれこれ「芋」

2006年05月17日 13:05

芋焼酎に欠かせない芋ってどんなの?

芋の種類によって焼酎の味に与える影響は大きい。焼酎づくりに使われる芋の種類にはどんなものがあるでしょうか?

▼黄金千貫
 皮と身が少し黄色っぽい白色。もっとも焼酎に一般的に使われる。で んぷんが多くて蒸すと甘い香りが漂う。
▼紅薩摩
 皮が濃い紅色で身は黄色っぽい。最も一般的で食用の芋としても知ら れている。
▼ジョイホワイト
 皮も身も白色。新しい種類の芋。黄金千貫に比して甘みが少なく、醸 造すると芋の臭みが少なくフルーティーな味になる。

他にも、しろさつま、しろゆたか、紫芋、などさまざまな芋を使って造られています。芋の種類によって芋焼酎の味&香りなどが少しづつ違うので、芋に注意して焼酎を選んでみるのも楽しいのではないでしょうか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://imosuki.blog62.fc2.com/tb.php/20-68e3b253
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。