スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミア焼酎?いろんなプレミアがあっていい

2006年06月02日 11:47

 プレミア芋焼酎と呼ばれているものに、魔王、森伊蔵、村尾、百年の孤独、伊佐美、萬膳、などがあげられるのでしょうか?ひとり歩き、も
そうかな?プレミア焼酎と呼ばれる芋焼酎は①多くの人が飲んで「美味しい」と感じ②人気の焼酎として入手が難しく③蔵元の出荷価格より数倍の値段が付き取引されている。ということですか。もちろん人気が出て長いあいだプレミアと呼ばれるからには品質がいいことには間違いがないのでしょうが、マスコミの果たした役割が大きい。マスコミで取り上げられて人気として火がついたということでしょう。
 日本酒でも同じことで、八海山、越の寒梅、雪中梅、久保田、〆張り鶴などがプレミア日本酒として高値で取引されています。昔の話ですが、会社の寮で仲間と鍋を囲んだりしてよく酒を飲みました。近くの酒屋で酒を買ってきたのですが、酒を選んでるとそこの酒屋のおじさんが「こんな日本酒もあるよ~」って出したのが八海山でした。その頃はまったく有名でもなく定価で売ってました。もちろん、興味もなく知らないから買いませんでした。それが今やプレミヤですから!ちなみに、この八海山はショッピングセンターの酒屋で4合ビンで2400円で売られてたかな。うちの冷蔵庫のハ海山は「料理酒」になってます。妻曰く「料理酒とはもったいなかったかな~」でも飲む人がいなければそんなものです。芋焼酎の伊佐美は一升瓶が8800円で売られてました。高い!!
 高い値段で人気のプレミア焼酎もいいんでしょうが、飲む人・飲みたい人が「美味しい!」と思える焼酎がその人にとってのプレミヤであっていいのでは。いろいろ飲んで、美味しいと思える焼酎を探すのも楽しいものです。ちなみに、おとといは一刻者を飲みましたが全芋焼酎で美味しかったです。主に財宝さんの芋原酒を飲んでますが… 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://imosuki.blog62.fc2.com/tb.php/34-ba4ae0c8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。